セルフイメージ

思い通りのセルフイメージを築く方法

2016年01月23日

思い通りのセルフイメージを築く方法

思い通りのセルフイメージを築く方法を2つ紹介します。

 

1.「肩書をつける」

自分の思い通りのセルフイメージを築くための、簡単な方法を述べます。

 

まず自分がなりたいセルフイメージを具体的に考えます。

 

その次に、そのセルフイメージの人物にふさわしい「肩書き」を考えます。

 

例えば、すぐに営業で成果を出すことをあきらめてしまう自分を変えたいと思ったならば、その逆をイメージする肩書きを考え、自分自身の肩書きと考えます。

 

 

「スーパーエネルギッシュ営業マン」等と。

名刺に書き込んで、財布にしまっておくのも良いです。

 

とにかく紙に書き、常に目にできるようにしておきます。

 

営業中など、とにかく目にして、自分は

「スーパーエネルギッシュ営業マン」であると繰り返しつぶやきます。

 

そうすると不思議なもので、結果はともかく、パワーがでてきます。

そんなことあるわけない、と思った方は実際にやってみてください。

 

紙に書き、繰り返し目にして、つぶやく事により、自分自身のセルフイメージが自然と変わっていきます。

 

試してみてください。

 

 

 

 

 

 

2.「環境を変える」

 

この方法は、最強です。

どんなに意思が弱い人でも、セルフイメージを簡単に変える事ができます。

 

その仕組みを説明します。

人間の脳内には、ミラーニューロンと呼ばれる神経細胞があります。

(wikipedia等で、調べてみて下さい。)

 

その神経細胞は、他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動を

とっているかのように反応をします。

 

つまり、目のまえで起こったことは、自分のやったことだと思ってしまう

神経細胞が存在するのです。

 

人間は、ミラーニューロンの存在により、私たちは良い事も、悪い事も、

自分の周りに起こる全ての事を、自然と真似してしまう、そういう存在なのです。

 

もしあなたが、「こういう人になりたい」と理想とする人物がいるなら、

その人とできるだけ一緒にいるだけで、理想に近づく事ができるのです。

 

身近な人であれば、できるだけ一緒にいれる時間を作ってください。

 

理想とする人が身近な人でなければ、その人の本を読んだり、

音声を聞く時間をできるだけ増やすだけでも、効果があります。

 

セミナーを開くような人であれば、実際に参加するべきです。

 

理想とする人と一緒にいれる環境を作るだけで、理想に近づく事ができるのです。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: